2006年04月10日

アンコール遺跡群(シェムリアップ)

ついに!
日本から母が遊びに来たので、一緒に憧れのアンコール遺跡群に行ってきました。

アンコールワット

アンコール遺跡群には世界文化遺産のひとつであるアンコールワットをはじめ、バイヨン寺院(アンコールトム)タプロームなど数多くの遺跡が存在します。

12世紀末からのクメール王国の全盛期、その国土は今のベトナム、タイ、マレー半島にまで及ぶほどの強大な王国でした。その目覚しい繁栄をとげた都の美しい建築や美術がアンコール遺跡群として残っているわけです。

現在のカンボジア人のほとんどは仏教を信仰していますが、クメール王国の時代は宗教戦争が繰り返され仏教とヒンドゥー教が入れ替わっていたため、アンコールの遺跡には仏教とヒンズー教の要素が混ざり合っていてとても興味深いです。

アンコールワット天国

私たち外国人にとっても「カンボジアと言えばアンコールワット」というぐらい有名になったアンコールの遺跡群ですが、現地のカンボジア人たちにとっては誇りであり、憧れて止まない存在でもあります。

アンコールワット格子

シェムリアップの街の中心地から車でわずか15分程度で着いてしまいます。あれだけ自然に囲まれた大規模な遺跡なので、行き着くのが大変かと思っていたのですが、案外気軽に行けてしまうのですね。

■入場料(USドル)
1日券:20ドル
3日券:40ドル
7日券:60ドル
遺跡入り口(チェックポイント)あるいは旅行代理店で購入できます。
私は1日券で主要な遺跡だけまわりましたが、全遺跡を見て回るには1週間は必要と言われます。
※3日券と7日券には写真が必要で、その場で撮ることもできます

■移動手段
遺跡内の敷地は膨大ですので、歩いてまわろうなんて思ってはいけません。
車あるいはバイクタクシーなどをチャーターして各遺跡へと移動します。
車:1日20〜40ドル(セダン、バンなど大きさにより)
バイクタクシー:1日8ドル前後
旅行代理店を通して手配、あるいはバイクタクシーなどは直接交渉で頼みます。
ちなみに、私の行った4月はいっちばん暑い時期で、正直炎天下はきつかったです。とにかく暑いですので、1日まわるにはエアコンの効く車が一番です。体力があって安い方がいい、という方はバイクでどうぞ。

■ツアーガイドについて
私の場合は旅行代理店を通して、1日40ドルでお願いしましたが、ガイドは絶対つけた方がいいです。
はっきり言って、ガイドなしでボーっと見てまわるだけではつまらなくてもったいないです。
遺跡の歴史や意味、様々なストーリーも堪能すべし!です。
また、遺跡によって一番美しく鑑賞できる時間帯が異なったりします(逆光を避ける、夕陽に映えるなど)。そのようなポイントはやはりガイドさんにお任せするのが一番です。
いい写真が撮れるポイントなども教えてくれます。

タ・プローム

アンコール遺跡群は、遺跡そのもののスケールの大きさや美しさも素晴らしいですが、なんと言っても自然とのコラボレーションが一番の見所だと思いました。
また、仏教とヒンドゥー教にまつわるストーリーがとっても興味深く、勉強にもなりました。歴史や宗教について、行く前に少し予習してから行った方が絶対楽しめます。
私ももう1度行って、もっと深く堪能したいです。

posted by sachipok at 11:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | カンボジアの観光地
この記事へのコメント
とても有名な遺跡で名前こそ知っていますが
そんなに広大な敷地に点在しているとは・・
最初チケットの7日間ってのを読んで
へ??って思ったけど、あながち不要ではなさそう(笑)
Posted by みなと at 2006年04月11日 00:20
>みなとさん
コメントたくさんありがとうございます〜!!
個人的には1日で十分でしたねー。
あれを7日間続けられたら、遺跡嫌いになりそうで(笑)
でも、ひとつひとつに特徴があって、まだ行ってみたいところがあります。
Posted by sachipok at 2006年04月11日 10:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。