2006年04月10日

アンコールトムとバイヨン寺院(アンコール遺跡群)

たった1日の駆け足アンコール遺跡群めぐり、午前中にまずアンコールトム巡りをしました。

アンコールトム アンコールトム城壁

まずはアンコールワットでしょ、と思ったのですが、アンコールワットは西向きに建てられているため、午前中は逆光なので午後の方が堪能できるそうです。

アンコールトムは"大きな町"という意味で、12kmの城壁に囲まれています。
バイヨンの名の方が有名ですが、バイヨンとはこのアンコール・トムの中心にある寺院のことです。

ちなみに、アンコール・ワットの別名はアンコールトーイ、"小さな町"なんです。アンコールワットが一番有名なので、勝手にアンコールワットが一番大きいんだと思っていたら違うんですね(笑)


バイヨンの見所は何と言っても外壁の浮き彫り。戦争の様子、人々の暮らしの様子が描かれており、ストーリーが見えるようで大変面白いです。

アンコールトム像のレリーフ アンコールトムワニのレリーフ

もうひとつのポイントは、いたるところにある観音菩薩の微笑のお顔です。
なんとも平和な気持ちにさせられるお顔でございました。

アンコールトム観音菩薩

天気が良くて(というか、暑くて)、素人の私でも写真が綺麗に撮れて良かったです。
それにしても、暑かった。

posted by sachipok at 12:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | カンボジアの観光地
この記事へのコメント
今が一番暑いんですかぁー
じゃ7月、8月とかはもう暑くないのかなぁ

Posted by みなと at 2006年04月11日 00:23
>みなとさん
その頃にはもう雨季に入っているので、ムシムシするけど今ほどは暑くないみたいです。
今の時期、少しでも雨が降るとちょっと涼しくなって、本当に天の恵みだなぁ〜、としみじみ思います(笑)
Posted by sachipok at 2006年04月11日 10:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。