2006年04月10日

アンコールワット(アンコール遺跡群)

たった1日の駆け足アンコール遺跡群めぐり、午後はかの有名なアンコールワットへ!

アンコールワット アンコールワット森とお坊さん

アンコール・ワットは寺院であるとともに、王が死後に住む地上の楽園でもあったそうです。
その中心にある中央祠堂をのぼると、そこは天国なのだそうです。

20060410アンコールワット急な階段.JPG 20060410アンコールワット急な階段下り.JPG

天国までの道のりは険しかったです。とにかく、急勾配。
うちの急な階段なんて目じゃないです。よじ登る、という感じ。

怖いのが下り(写真右)で、もうクラクラしてしまいます。
階段は祠堂の四方にあるのですが、手すりが設置されているのは一箇所だけで、長蛇の列が…
40分近く待つと言われ、待つのが嫌いな私たちは手すりなしでガクブルで下りました。

後から聞いたのですが、私たちが訪れた2週間前に、韓国人の観光客が転落してバンコクに緊急輸送されたそうです。
あぁ、無事でよかった。


登った先は天国だったかって・・・?
うーん・・・でも、ひとつ想像できることは、昔は色彩も自然も豊かで、蓮の花などがたくさん咲いていたのではないかな、と思います。

posted by sachipok at 14:27 | Comment(3) | TrackBack(0) | カンボジアの観光地
この記事へのコメント
人が壁にへばりついてるみたいに見えるよ>右写真
Posted by カヤニン at 2006年04月10日 16:10
て、転落!?
まさに天国から地獄(笑)
sachipokさんはともかく、御母堂様はさぞや大変だったでしょう(笑)
Posted by みなと at 2006年04月11日 00:31
>カヤニンニン
へばりついてたよ。
落ちてきやしないかとハラハラでした。

>みなとさん
うまいっ!!座布団3枚!
母親はこちらの心配とは裏腹にキャーキャー言って楽しんでました。
うーん、いいことです(笑)
Posted by sachipok at 2006年04月11日 10:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。