2006年05月06日

気持ちはわかるけどそれは違うんだよ

先日行ったプノンペンの某日本食レストランにて。

20060506和食レストランの雑誌.JPG

日本の雑誌がズラーッと並んでいるのですが、何かが違う。


そう、全部裏返しなんです。


たまにちゃんと置いてあるものもあります。

もうピンときた方いらっしゃいますね。
縦書きの右から左へページをめくっていく雑誌は裏返し。
横書きの左から右へページをめくっていく雑誌はちゃんと表紙が上なんです。

クメール語(カンボジア語)は横書きなので、本の表紙を上に向けたとき袋になっている方が左にきます。
同じように本を置くと、日本の書物は多くが裏返しになってしまいます。

日本語なんか読めるわけもないので、それが裏だなんてわかりませんよね。
そして日本人スタッフはいないということか。


しょうがないので、全部表紙が上にくるようにこっそりなおしておきました。
次回行った時にどうなっているやら。何かを読み取ってくれるかしら。


ちなみに、ここの和食、お味はまぁ普通です。
安いクメール料理の10倍以上の金額かかりますけどね。

posted by sachipok at 19:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | カンボジア生活日記
この記事へのコメント
雑誌もオブジェみたいな感覚なんでしょw

やっぱり日本食が食べたくて仕方ないって時があるんですか?
Posted by みなと at 2006年05月07日 04:27
>みなとさん
日本食、食べたくて仕方ないって時は意外にないんですよ。
むしろ、韓国料理やらメキシカンやら、中華やら日本食より安くて美味しいレストランがたくさんあるので、食生活は豊かです。
カンボジアの日本食は値段の割りにあんまりレベルが高くない感じがして行く気になりません。
でも、ホーチミンでレベルの高い日本食を食べたときはちょっとホームシックになりました(笑)
Posted by sachipok at 2006年05月09日 12:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。