2006年06月17日

クメール語でこんにちは

クメール語(カンボジア語)でこんにちはを言ってみましょう。

チョムリアップスーオ!

どうでしょう?
実際はカタカナで表記できるような単純な発音ではないのですが。

流暢にしゃべると以下のような感じに聞こえます。

チョムリアップスーオ(チョの部分はチョとチュの間みたいな)

チョムリアプスーオ(スーオはソーオにも聞こえる)

チョムリアプソー

うーん、それでもやっぱりカタカナでは無理。


で、これを言うと同時に、手を前で合わせて、ちょっとだけ足の屈伸をします。

手を合わせる位置(高さ)は挨拶する相手によって異なります。

年上/目上の人→高い

年下/目下の人→低い

20060617挨拶の手の位置.JPG

写真は小学校の教室に貼ってある挨拶の手の位置表(?)です。
細かいことは忘れましたが、お坊さんに対して挨拶するときの位置など、色々あります。

でも、普段自分が生活する範囲内では皆そんなに気にしている感じはないです。だいたい真ん中のあごの前あたりで手を合わせてます。

また、こういう形式ばった挨拶をするのも最初のうちで、打ち解けてくれば

ソックサバーイ!(お元気?)

という挨拶が一般的です。

チョムリアップスーオもソックサバーイも、お返事するときはやまびこのように返すだけでOKです。

この記事へのコメント
ちょ、ちゅ、ちょムリっあっ・・・
チョムリアップスーオー!!
Posted by みなと at 2006年06月19日 00:51
>みなとさん
かたっ(笑)
せっかくだから、どこかで役立つといいけど・・・(笑)
Posted by sachipok at 2006年06月22日 16:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。