2006年07月11日

カラオケ事情

私がカラオケについて語るのは、得策なのか、はたまた愚策なのか・・・。
カンボジアのカラオケ事情について語ります。まぁ間違いなく、長くなるでしょう。


カンボジア人はカラオケ大好きです!

カラオケ屋さんも結構あるそうですが、都市部よりもスラムや少し郊外に行くと目に付くようです。カラオケ屋さんと言っても、防音のボックスはなく、その多くは普通の家の居間にテレビとビデオデッキとマイクがあるだけ

CD屋さんでは、色んな曲のカラオケVCDが安く売っていますので、それらを購入して自宅で歌う人もたくさんいます。日本人のような「ご近所に聞こえたら恥ずかしいわ・・・苦情がくるかしら・・・」などという遠慮心はまったくないようで、パーティーなどがあると、夜中の2時まで大音量で歌って踊りまくります。

200607011カラオケビデオ.JPG

もちろん、都心にカラオケ屋さんがないわけはありません。都心の場合、そこそこお金持ちの男性たちがお酒を飲みながら"おねえちゃん"たちとカラオケをするような場所がたくさんあります。

私もカラオケに行くのですが、日本語の曲が入っているところはそういう"夜のお店"しかないので、しょうがないな〜。でも行っとくか!という感じです。

お店に入って2階に案内されると、まず、ガラス張りの大きな部屋が現れます。中に何があるかって?はい。若くてたっぷりお化粧を施したお姉さんたちが、ズラーッと並んでおります。私は女ですのでこういう場所にはほとんど縁がありませんので、なんとも言えない気持ちになります。いかにも「売り物」という感じで並ぶ若い娘たちを見るのは、あまり気分の良いものではありません。

まぁ、私が行くときは歌うことが目的ですので、日本人の知人たちと男女合わせて総勢10人ぐらいでぞろぞろと、ガラス張りのお部屋の前を素通りします。通過する間、あっちもこっちも、なんとなく気まずくて、ちらちらと目が合うのが何とも言えないです。

部屋は、まぁまぁ。日本の格安カラオケボックスに比べれば、断然広くて居心地はいいです。値段も、10人ぐらいで行って、好きなだけ飲んでつまんで、ちょっとサービスの割引があったりなんかして、2〜3時間ひとり4USドルぐらいです(店によってだいぶ違うとは思いますが)。

ドアにある覗き穴から給仕の人たちがビールを注ぐタイミングとか、日本人はどんなことしてるんだろうか、ということをチェックしてます。トイレのために外に出て部屋に戻ると、ドアにへばりつく店員の姿が何ともアヤシイこと。


肝心の日本語曲ですが、確か、いちばん新しいのでミスチルの『シーソーゲム』とか、ジュディマリの『Over Drive』とか。10年前で時間が止まっています。
でも、そのぐらいしか曲が入っていないと、すぐにレパートリーが尽きるかというとそうでもなくて、逆に盛り上がるんです!そこにあるいちばん新しい曲を歌っているはずなのに、懐メロ。「懐かしい〜」を何度連呼することか。

それにしても、工藤静香の曲が5、6曲入っているのに、私の十八番『MUGO・ん…色っぽい』が入ってないのが解せないです。

20060707カラオケ本.JPG

また、必ずしも"あいうえお順"とか"文字の向きが統一されて"曲や歌手名が並んでいるわけではないので、困ってしまいます。

この記事へのコメント
な、なんで逆さまに。。。
その方が難しいだろうにww

sachipokさんの唄う「MUGO・ん…色っぽい」
是非聴きたいものですねー
「恋一夜」なんて歌詞が好きだったなぁ・・
歌い出しの
「濡れた髪を初めて見せた夜・・」
この一行が深くてねぇ(笑)
Posted by みなと at 2006年07月11日 03:27
そっか、カラオケあるのね。
てっきり飢えてるかと。
それは良かった。
Posted by ロイ at 2006年07月11日 22:12
>みなとさん
では、私が『MUGO・ん…色っぽい』で、みなとさんが『恋一夜』担当で、各自の思い入れを添えて・・・(笑)

>ロイさん
カラオケありますが、健全な昼間カラオケができないのは痛いです。
ま、こっちでは家で大音量で歌ってるので、あんまり飢えてないかも(笑)
Posted by sachipok at 2006年07月12日 21:38
日本に帰ってきても衰えなし!!
ばっちりぢゃないですか。
安心しました。(笑)
Posted by みっちろ at 2006年07月12日 23:18
>みっちろりん
安心・・・安心なのかな・・・(笑)
がんばる。
Posted by sachipok at 2006年07月17日 20:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/20600014
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。