2006年08月01日

自然の宝庫、秘境ラタナキリ

ラタナキリ(Ratanakiri)はカンボジア北東のラオス国境にある、自然豊かで少数民族が多く住む州です。

ラタナキリ・川

プノンペンから飛行機の国内線が出ているのですが、観光シーズンは乾季らしく、雨季はお客さんがいないためほとんど飛行機が飛ばない・・・ということです。事実、7月のフライト実績はゼロだそうで、そういう意味でも秘境っぷりを発揮している感じがしますね。

で、今回は陸路で行ったわけなのですが、陸路で行くとプノンペンから12時間近くかかります(飛行機だと1時間)。

1日ぶっ通しで行くのは大変なので、中間地点にあるクラチェで1泊してドルフィンウォッチングをしたわけです。

クラチェからラタナキリまでは約6〜7時間。ここからはバスも出ていませんので、タクシー(白タク)で移動です。

クラチェまでの道のりも、かなり自然豊かでしたが、ラタナキリに向かう道は起伏があり更に緑が鬱蒼としてきます。ゴムの林も目立ち始めました。

ラタナキリへ続く道 ゴムの森
【左:緑が鬱蒼と茂る道、右:ゴムの植林】

穴ボコボコ、雨でドロドロの悪路をひたすら進み、州都バンロン(Ban Lung)に到着・・・。ヘロヘロになりながらも、早速ラタナキリの自然めぐりへ。

カチャン滝 ヤックロム湖
【左:カチャン滝、右:ヤックロム湖】

ラタナキリは滝が有名です。雨季なのでゴーっとすごい勢いで水が流れ、迫力がありますが、正直なところ日本人にとってはそんなに珍しくもないかも・・・。

ヤックロム湖は火山活動によってできた湖なのだそうですが、森の中に突如と現れ、シン・・・と静かで何とも言えない美しさです。水も透明で小魚がたくさん泳ぎ、手でエビをすくうことができます。これにサチポックはもう大感動で、エビと戯れ時間を忘れてしまいました。泳ぐ人もいますよ。

ヤックロム湖のエビ

あと、この地域一帯は独特の赤土で、雨季はドロドロと粘り気が出て(連れ合いは何度か滑って転んでました)バイクでの走行は困難になります。ちなみに、ガイドさんの話によると、ここ1ヶ月雨が降らなかった日はないとのこと。空も始終どんよりしていました(写真からもわかると思います)が、暑くなくて助かりました。乾季は乾季で外を歩いただけで乾いた土ぼこりが白いTシャツを赤く染めるそうです。


さて、旅の目玉は少数民族の村訪問です!

カンボジアの大半を占めるのはクメール族ですが、ここラタナキリではクメール民族は少数派。確かに顔立ちがクメール人とは違う!

ツアーで、クルン族とタンプーン族、ラオ族の住む村、それに中国国民党の残党者の村を訪れました。

クルン族とタンプーン族は精霊崇拝を行うアニミストで、いけにえ(バッファロー)を捧げる台や独特の墓地など、今まで見たことのない文化を目の当たりにして興味深々。

クルン族の村 タンプーン族の墓
【左:クルン族の村、右:タンプーン族のお墓】

駆け足だったので、彼らの生活について深く知ることはできませんでしたが、新たなカンボジアの一面を垣間見ることができました。




その他、旅の詳細:

クラチェからのタクシー代は片道ひとり12.5ドルから。

少数民族の村巡りツアーは丸1日、車とガイド付きでふたりで75ドルでした。
他にも、鉄鉱石だったか宝石だったかの採掘現場を訪れたり、像のいる村を訪れたり、ジャングルのトレッキングをするツアーなんかがありました。

飛行機がもし飛ぶとしたら、往復130ドルですって。

posted by sachipok at 13:47 | Comment(2) | TrackBack(2) | カンボジアの観光地
この記事へのコメント
帰国までに行きたい所は行っておかないとね!
カンボジア、そろそろアデュー!かな?
Posted by みなと at 2006年08月01日 22:49
>みなとさん
そうなんです、そろそろアデユー!
思い残すことがないよう・・・
と言っても、既に結構満足してるかもです。
Posted by sachipok at 2006年08月02日 01:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

本日の抜け毛を防ぐための学習の進み具合抜け毛 対策
Excerpt: シャンプーをすれば多少の抜け毛は当たり前ですよね。<br /><br /> でも、数えられる程度の抜け毛の量だと思います。<br /><br />しかし、私の抜け毛の量は明らかに日に日に増えていったんです。<br /><br /> 最初のころは 26歳からはげ対策をは..
Weblog: 抜け毛 対策
Tracked: 2009-02-10 17:23

ハンドマッサージ - 大阪十三のメンズエステ求人募集
Excerpt: 『脱がない』『舐めない』『触られない』当店は男性のお客様を癒すお仕事で、アロマオイルを使って全身のマッサージを行なうお仕事です。20歳〜35歳位迄、未経験の方大歓迎!ハンドマッサージのエステでも真面目..
Weblog: ハンドマッサージ - 大阪十三のメンズエステ求人募集
Tracked: 2014-05-01 03:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。