2006年10月10日

犬料理

犬を飼っていたり、犬好きの人はあんまり読まない方がいいかもしれません。

カンボジア人は犬も食べます。プノンペン在住の人に聞くと「いや、私は絶対食べない」と渋い顔をするカンボジア人も多いですが、一部の人は普通に食べるそうです。

あくまでも噂ですが、去勢していない犬が放し飼いにされている割に犬が爆発的に繁殖しないのは食べてるからだという話も聞きました。美味しい系の犬を飼っているとすぐ盗まれる、とかも。いや、あくまでも噂なので、どこまで本当かはわかりませんが。たぶん、多かれ少なかれある話なのでしょう。

カンボジアの犬料理を食べた知人は、普通に美味しかったよ、と言ってました。

かくいう私も犬料理は食べたのですが、あの北朝鮮経営のピョンヤンレストランで元喜び組のお姉さんが運んできた犬鍋なので、カンボジア料理とは違いました。

ピョンヤンレストランの犬鍋
【ピョンヤンレストランの犬鍋】
ほぼ食べ終わった感じの汚い写真で申し訳ありません・・・

ほとんど牛肉を食べているような感じですが、ほのかに犬っぽい香りがします・・・1回試せばもういいかな。

この記事へのコメント
こうして外貨を稼いでいるのねぇー
「元おにゃんこ」みたいな感じなのかな?w

犬っぽい・・・どんな味だろうw
Posted by みなと at 2006年10月31日 22:38
>みなとさん
おぉ、いつもコメント有難うございます!
「元おにゃんこ」よりはプロフェッショナルだと思いますが・・w
犬独特の匂いってありますよね・・・それが毛皮だけじゃなくて肉にも染み付いてるのか・・・としみじみ思いました。
Posted by sachipok at 2006年11月01日 00:05
ぼくは世界寺子屋運動に参加していますカンボジアの人って何でも食べるんですね
Posted by 犬好き太郎 at 2007年09月19日 11:52
昔は日本人も犬を食べていたって聞いた事がありますが、やはり私たちには考えられないですね。所詮人間が一番卑しいですよね。鹿・馬・猪・鴨・・・とに角何でも食べているんですもの。時には懺悔しなくちゃいけませんネ。
Posted by 趣味激安旅行@アヤ at 2007年12月29日 17:29
昔は日本人も犬を食べていたって聞いた事がありますが、やはり私たちには考えられないですね。所詮人間が一番卑しいですよね。鹿・馬・猪・鴨・・・とに角何でも食べているんですもの。時には懺悔しなくちゃいけませんネ。
Posted by 趣味激安旅行@アヤ at 2007年12月29日 17:30
うーん、日本とは食生活が違いますね。
なかなか考えられない記事でした。
Posted by 携帯電話待受画像 at 2008年01月05日 20:49
うyr・tr。・m。;jkl;hk;hyj;yg
Posted by at 2008年02月19日 11:44
やはりその国々で食生活は違いますね。
食の歴史ですから、どれが良いとは一概には言えませんね。
Posted by 木質ペレット北海道 at 2008年02月24日 20:27
食生活の違いこそあれ、日本は内戦がないだけ幸せです。
Posted by ソンバーユ使い方 at 2008年02月24日 20:28
こうやって比べてみると、日本の食生活は本当に恵まれていると思います。
味噌汁最高です。
Posted by ワークブーツサイズ選び at 2008年02月24日 20:30
なかなか微妙な記事ですね。
カンボジアの詳しい話がとても参考になります。
また最新情報を期待しています。
Posted by デロンギファン at 2008年04月16日 22:24
国によって料理はさまざまですね。カンボジアの情報を探しているので助かります。
Posted by トリッカーズ at 2008年06月14日 00:20
カンボジアの料理は口に合わないような気がしてきました。
Posted by ニューバランス576ドゥニーム at 2008年06月14日 00:22
犬料理ってあるんですね。
う〜ん、日本食がやっぱりいいかな。
Posted by 新20色羽根布団8点セット at 2009年10月30日 14:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/26474057

海外在住の方へ
Excerpt: 4月からサマータイムになり、日照時間も長く感じる今日この頃です。 日本への里帰りのたびに食料品や雑誌を20キロ近く運んでいるのは、貧乏性の私だけでしょうか。 そんな大変な思いをしなくても、とっても..
Weblog: Free!!ネットで得する!!
Tracked: 2007-04-25 10:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。